本文へ移動

園だより

今月の園長のことば

「あいさつは、人間形成の土台作り・よりよい人間関係づくりの第一歩」

                                      園 長 本田健二
 若葉の鮮やかな季節を迎えました。子ども達は、少しずつ園の生活リズムにも慣れ、着替えや持ち物の整頓など自分で最後までやろうとしています。またクラスで互いに名前を呼び合い、仲良く遊ぶ姿がたくさん見られ、とても嬉しく思います。
 過日、子ども達や職員へのコロナ感染防止のため2日間休園しました。園児数が多いので、園バスや保育中、預かり保育ではどうしても「密」は避けられません。
 本園の感染防止策は、毎朝の検温・健康観察と本人もしくは家族の方が体調不良や熱がある場合「公認欠席(出席停止)」としています。保護者の皆様には、このことをしっかり守っていただいているので本当にありがたいです。今後もご協力くださるようお願い致します。
 これから梅雨を迎え気温や湿度が高くなります。幼児のマスクが話題となっていますが、気温の変化だけでなく、幼児個々の体質もあるので、健康観察の徹底と場の状況に応じてマスクを外したり着用したりします。登園の際は、カバンの中に必ず予備マスクを入れてください。
 本園の望ましい幼児像の一つ「明るくあいさつするこども」があります。この具現化に向けて、年度当初より職員共通理解のもと、「相手の目を見てあいさつを」「相手の名前を呼んであいさつを」「止まってあいさつを」などと子ども達に声掛けしています。早速、園内の至る所で元気なあいさつが飛び交うようになりました。年長児さんで止まってあいさつしてくれる子もいます。本当に嬉しい気持ちになりました。
まだまだ少ないですが、あいさつは「人間形成の土台づくり」「よりよい人間関係づくりの第一歩」です。習慣として身につくようご家庭でもその都度お声掛けください。
 6月に入り、衣替え、はだし保育、歯科検診、内科検診、避難訓練、親子ふれあい活動、プール教室、誕生会、保育参観等、盛り沢山です。今月も教職員一同、安全・安心の保育に努めます。保護者の皆様の温かいご協力とご支援を宜しくお願いします。
《園長コラム》
 幼児は正しいしつけをされてこそ、心が豊かに育ちます。「あいさつは、生涯の宝物です」きちんとあいさつできる子どもに育てたいものですね。言葉で教えるのも大切ですが、子どもの目の前でやって見せ、子どもと一緒にあいさつすることが一番の指導法であり躾です。

今月のねらいと内容

年少組
◎ 園での生活の仕方が分かり、教師に手伝ってもらいながら自分でしようとする。
    身近な動植物に親しみ、いたわったり世話をしたりする。

♫ 興味が広がり、遊びや友達に関心をもつ。
♫ 教師の話を聞き、自分の思ったことを話す。

年中組
◎ 友達と一緒に遊びや当番活動をする喜びを知る。 
   様々な運動遊びに興味をもち、進んで活動しようとする。

♫ 思ったことやして欲しいことなどを教師や友達に言葉で伝える。
♫ 夏の遊びを楽しむと共に、動植物や土、水などの自然とかかわって遊ぶ。

年長組
    身近な動植物に親しみ、観察や世話をする。
    共同の遊具や用具を大切にしみんなで使う。
    自分の気持ちを相手に分かるように話す。

♫ 園庭の花壇やさつま芋畑の水掛け、草取りなどの世話をする。
♫ 地域の人々との交流を深める。
♫ 自分の考えやしてほしいことなどをはっきり伝え友達の意見も聞きかかわり合って遊ぶ。


お知らせ

<お願い>
保護者の方から大人用のウエディングドレス、タキシードをたくさんいただいております。
毎年お願いしておりますが、子ども用に仕立て直しをし,幼稚園で活用したいと考えております。
仕立て直しができる方やお知り合いの方がおりましたら、教頭・岡田までご紹介ください。
お直しの期間は特に設けておりません。




0
7
6
2
4
0
学校法人ひばり幼稚園
〒986-0861
宮城県石巻市蛇田字新西境谷地
12番地
TEL.0225-93-4388
FAX.0225-93-5201
TOPへ戻る